バリ伝統世界で有名な観光地

バリ島旅行代理店がバリ・アンド・ビヨンド・トラベルフェアのホストに インドネシア旅行代理店協会バリ支部(ASITA)は現在、2014年6月10日から14日に開催されるバリ・アンド・ビヨンド・トラベルフェア(BBTF)の準備中だ。 こ のトラベルフェアは、ここ10年でバリの最初の観光旅行促進として行われる。以前もバリ・トラベルフェアが行われていたのだが、3回目の開催を待たずに終 わってしまった。来年BBTFは200の国内買い手と100の海外からの買い手、そして10の国内売り手が参加してくれればと願っている。 ヌサドゥアでのイベントはビジネス会議に焦点が置かれる。一方クタでのイベントはプロモーションと展示会がメインだ。観光を盛り上げるためにインドネシア全国、また海外でロードショーされる予定だ。 ASITA バリ支部の議長は、BBTFがジョグジャカルタ、西ジャワ、リアウ諸島、北スマトラ、マルク、パプアと西パプアからポジティブな反応を受け取っていると述 べる。トラベルフェア推進のため一連のロードショーを来たる9月からいくつかのインドネシア国内の都市を周った後シンガポール、中国で行う予定だ。 東南アジアの観光また経済の入口として機能しているお隣の国シンガポールはBBTFでもメインターゲットと見ている。今のところ中国はインドネシアにとって大きな可能性を秘めている。というのはまだ大勢の中国人がインドネシアに来たことがないからだ。 ASITAバリ支部はバリが国際的に有名な観光地という評価を得ているが、バリは大きなプロモーション企画のホストになったことがあると認めている。これが地域観光旅行発展のための里程標となった所以だ。 観光促進のためバリ博物館で伝統玩具を展示 バリ博物館で7月23日から27日まで伝統玩具の展示会が行われた。バリの伝統玩具を再度紹介するこの展示会は時宜にかなっており、バリ伝統を後世に伝えるものとなった。ほとんどのものが自然素材で作られ、創造的でなおかつ子供達の性格形成に良い影響を与えるものだ。 30以上の玩具や遊びがこの展示会で紹介された。バリのアーティスト、マデ・タロ曰く、バリ自体が約200もの遊びがある家だという。最初のバリ伝統の遊びがいつ発見されたかは定かではない。 今 回の展示会のためにバリ博物館は子供たちのための公園と変化、そこには様々な伝統玩具と子供たちが伝統的な遊びをしている何十枚もの写真パネルが飾られ た。そして今ではほとんど見かけなくなった遊びや玩具も飾られた。デドゥプラ、タジョッ、メゴアゴアアン、レリンディカンなどの遊びを知る子供は今ではい ないが、以前は大人気だった。 デドゥプラにはココナツの殻と縄が必要だ。縄をココナツの殻に付けて靴のようにして使い、子供たちはどのココナツの殻が一番速いかを競う。 レリンディカンは竹で作られた楽器で、クレレガン・パンギも楽器であるが、パンギの果物と縄で作られている。そしてピンデカンは大きなピシッという音を立てて田んぼの鳥を追い払うものだ。 伝統的な遊びを後世に伝える仕事をする故に有名になったアーティストのタロは、もはや伝統的な遊びをしなくなった現代の子供達の心身に変化が起きていると語る。 今の世代の子供達は最新テクノロジーの玩具で一人で遊ぶため、個人主義になり、即結果がでないと満足しないようになった。グループで遊ぶ伝統的な遊びが与える影響とは全く違う。 Continue Reading

ジョグジャカルコーヒーイベント、観光情報

インドネシアコーヒーフェスティバル2013 inジョグジャカルタ インドネシア政府は、観光省・クリエイティブ経済産業省を通してインドネシアコーヒーフェスティバルマネージメントと協力し、2013年9月14-15日、ジョグジャカルタで「インドネシアコーヒーフェスティバル2013」(ICF2013)を開催する。 これは自国でインドネシア産コーヒーが更に愛されるように願う取り組みの一つだ。さらに、インドネシアスペシャルコーヒーコミュニケーションを伴うこのイベントは、インドネシアのコーヒー農家の品位と尊厳向上が期待されている。インドネシアコーヒーフェスティバルはさらに、国内、国外において知名度向上のため、インドネシアで製造された優良コーヒー製品の普及が期待されている。このイベントはまた、ルワックコーヒー、フィルターでろ過していないコーヒー(トブルクコーヒー)のようなインドネシアオリジナルのコーヒーブランド化を目指す取り組みの一つだ。 インドネシアコーヒーフェスティバルはまた、国内外のコーヒー業界、コーヒー農家、商業、メーカー、輸出国内外の間で相互利益関係を結ぶ機会になるように努力している。ジョグジャカルタで2013年9月14-15日に開催されるICF2013の一連の活動で、アチェコーヒー、フローレスコーヒー、ジャワコーヒー、ランプンコーヒー、バリコーヒー、ルワックコーヒー、トラ ジャコーヒー、パプアコーヒーなどの優良製品をインドネシアの最上級コーヒーとして紹介する。それぞれのコーヒーは加工と抽出工程において特異なため、特に関心を持つ料理観光客に対して、吸引力になるよう期待されている。この努力はインドネシアでコーヒー生産地域が自動的に向上し、アグロツーリズム、エコツーリズムになる可能性を秘めている。 この同様のフェスティバルは昨年、ウブド、バリ島のギャニャールで開催された。毎年恒例のこのフェスティバルは今年、トブルクコーヒーフェスティバル、ザ・ローカル・ライフスタイルをテーマに掲げている。このテーマはインドネシアの地域啓発の向上が期待されている。今年のフェスティバルは、ローカルオリジナルシングルコーヒー、国際ビジネスフォーラム、バリスタワークショップ、焙煎ワークショップ、ラテアートデモンストレーション、ローストコーヒー、コーヒートークなどの機会をコーヒー業界へ提供し、世界のプリマドンナになるためにインドネシアのスペシャルコーヒーをプロモーションする。  スマトラは高品質コーヒー豆生産者として存続する ネスレインドネシア株式会社によってランプン州は、高品質ロブスタコーヒー豆生産者として存続し、とりわけ今年20歳を迎えるコーヒーの木の若返りに努めている。その品質向上のために現在行われているコーヒーの木若返りは、既に高齢のコーヒーの年齢向上を押し止めた。そのコーヒーの木の若返りで、農家によるコーヒー生産と品質向上が期待されている。ネスレ株式会社は、ランプンの農家の福祉向上に対して影響を受けるコーヒー農家の存続を気遣うよう広く国民を促した。インドネシアとりわけランプン州は、現在のように高品質のコーヒー豆を生産できなくなると言う事があってはならず、ランプンはこの高品質のコーヒー生産者として存続しなければならない。 インドネシア最大の高品質ロブスタコーヒー生産者としてのランプン州を維持するために、完全契約を保持し、この地域の農家を援助するために継続的に協力している。コーヒー豆の品質と生産性向上を目的として1800万株のコーヒーの苗木がランプンの農家へ配られた事により、国の食糧安全保障を強化することが出来る。インドネシアネスレ株式会社によるコーヒーの苗木援助は、品質とコーヒー豆生産が向上するだろうと、生産が落ち込んだランプンの農家から歓迎された。 現在農家が所有するコーヒーの樹齢は平均20歳で、若返りが必要とされている。ネスレインドネシア株式会社は、ランプン州の州都バンダールランプンからおよそ127km離れたタンガムスの農家支援のため、彼らの要望に答えることができた。栽培中のロブスタコーヒーの木は既に高齢だが、このコーヒーの苗木援助により生産されるコーヒーの品質はより向上するだろうと期待されている。 Continue Reading

燃料が値上げして、インドネシア・バリ観光は?

インドネシア、バリ島も燃料価格上昇 観光に影響懸念 イ ンドネシアホテル・レストラン協会(以下PHRI)は、助成金枠のガソリン(以下BBM)値上げがインドネシア観光へ影響するとの見解を示した。PHRI 会長のヤンティ・スカムダニ氏はジャカルタで、BBMの助成金削減という政府の方針が観光業界へ影響を及ぼす可能性があると述べた。 BBM 値上げがホテル宿泊料金や交通運賃の値上がりを招き、結果インドネシアを訪れる海外旅行客(wisman)数が減少するという。ヤンティ氏は、以前の BBM値上げで学んだように乗合バスや航空会社が値上げをするのではなく、供給元が運送経費削減のために価格を吊り上げるのだと語る。 以前のBBM値上げでは、宿泊料金が10%から20%まで上昇した。しかし今回は今のところ上昇の気配はない、というのもそれらのホテルはPHRIにてBBM値上げについての会議に共に出席しているPHRI会員所有のホテルだからだ。 運送に始まり電気に至るまでホテルでは一般的に約70%ものBBMを消費している。そのためホテルは宿泊料金値上げをするのである。このホテル宿泊料金値上げはもちろん海外旅行客の負担になり、旅行客減少という結果になる。 BBM 値上げ決議前に、創造的な観光経済大臣のマリ・エルカ・パンゲストゥ氏は政府のBBM助成金削減という方針が必ず観光産業と創造的経済に影響を及ぼすと述 べていた。しかし観光産業また創造的経済がBBM値上げの影響に対して対策を持っており、すぐにでも対処できるとされたことからマリ氏の発言は一時的なも のとされた。 さらにマリ氏は、ホテル業界への影響が運送経費や燃料費代上昇を招くも一時的に過ぎないと述べた。なぜならホテルが実施している環境にやさしい「グリーンホテル」というプログラムにより節減という取り組みを行っているからだ。 2012年にインドネシアを訪れた観光客は840万人に達し、平均7.7日滞在し、一日平均147ドル22セントを消費、一回の訪問にすると1133ドル81セントにも達している。 世界でも人気の観光渡航先インドネシア プラパンチャ・リサーチ(PR)の分析によると、2011年7月4日から2013年7月4日の2年間にソーシャルメディア・ツイッターでの観光渡航先に関する411万3072件が、インドネシアが観光渡航先で一番有名であるとつぶやいたものだったという。 PR研究チームは意図的にハワイとタヒチを調査対象として選択したという、なぜならそれら2つの島は映画や海外雑誌で頻繁に登場する有名所だったからである。 しかし蓋を開けてみると大衆が話題としてつぶやいていたのは予想とは大きく違っていた。ハリウッド映画では名前すら出てきたことのない、タヒチとは知名度が格段に違うロンボク島が出てきたのである。 研究チームはバリではなくロンボク島を調査対象にしたと述べる、というのはロンボク島に比べてバリは比較的有名だからである。そしてカリムトゥ山、東ヌサトゥンガラのフローレス島にあるのだが、これも世界の有名な山に負けぬ有名所となっていたのである。 カリムトゥ山はツイッターで7万3123件つぶやかれていた。9万9318件つぶやかれたオーストラリアのブルー山脈やアメリカのロッキー山脈と比較してみよう。 ロッキー山脈とブルー山脈のサイトは海外で様々な出版物に掲載されている、CNNやUSトゥディなどで取り上げられたことがあり、またユネスコ世界遺産センターにも入っているからだ。しかしカリムトゥ山についてのつぶやきは大衆を困惑させるのに十分であったと言えよう。 ト バ湖も世界の湖の中でも有名である。インドネシア人からすれば、もしかしたらインドネシアで一番の広さというトバ湖は国内のみで知名度を誇っていると思う かもしれない。しかしUSAトゥディやナショナル・ジオグラフィックなどで取り上げられたペルーのチチカカ湖と比較しても良い程の世界的知名度となってい る。チチカカ湖は2万8643件のつぶやき、トバ湖はなんと5万4390件のつぶやきがあり、パウエル湖は5万8245件となっていた。パウエル湖にわず かに届かぬものの、チチカカ湖と比較するとほぼ倍のつぶやきがされていたのである。 さ らに驚くことなかれ、ボロブドゥールに関するつぶやき件数が、タイで1782年以来王族が住んでいる王宮と、カンボジアの世界最大の宗教遺跡アンコール ワット遺跡のつぶやき件数と雲泥の差だったのである。この2つはそれぞれ6万3933件、10万4914件のつぶやきだったのに対してボロブドゥールに関 するつぶやきは113万7739件にもなったのである。 Continue Reading