Category Archives: ゴルフ

インドネシア、バリ島でも燃料値上げ

インドネシア、バリ島燃料値上げに対し燃料消費量が増加する プルタミナ株式会社は、今週、大幅に引き上げられた燃料価格の公式発表に対し、補助金付きガソリンとディーゼル燃料の消費量を記録した。 プルタミナコーポレーションコミュニケーション、副大統領アリ・ムンダキルは、ジャカルタで水曜日、この数日間でガソリン消費量とディーゼル消費量が増加していると語った。 インドネシア全国、バリ島含む6月18日(火曜日)ガソリン消費量は、一日あたり8万キロリットルから9万キロリットル(最大12,5パーセント)ディーゼルは、4万3千キロリットルから4万8千キロリットル(最大11,6パーセント)上昇した。この2週間、補助金付き燃料は、ガソリン8万8千キロリットル、ディーゼル4万4千キロリットルを記録した。 「私たちは、日々の平均配分を10パーセント引き上げ、22日間の必要量を満たすために、助成金付きガソリン176万キロリットルを確保した」とアリは述べた。 さらにディーゼル燃料は、20日分に相当する86万キロリットルが準備されている。 「私たちは、安全な燃料が確保されていることを確認しているが、国民は過剰に燃料を購入してはいない」とアリは語った。アリによると、ガソリンスタンドは、通常よりも長く営業し、必要に応じて、客のニーズを満たすために24時間営業する。プルタミナも、国民に損失を与える分配経路での障害を認識している。また「プルタミナは、ガソリンスタンド保護のため、警察と軍隊との間で調整した」と語った。 「私たちは、2013年5月17日から2013年6月30日までに、燃料とLPG供給の信頼性を確保し、監督するために、本社と地方に司令拠点と部隊を設置配属した」と述べた。 Continue Reading

エアアジアのカーゴが一番強い

エアアジア・カーゴ エミレーツ航空、エティハド航空、バージン・アトランティック航空に勝利 エアアジア航空会社は、イギリスの世界的な貨物産業出版物機関主催の航空輸送ウィーク(ACW)において3年連続で「航空貨物産業カスタマーケア賞」に輝いた。2013年6月5日にドイツのミュンヘンで賞がエアアジアに贈られた。 エ アアジアは東南アジアの貨物航空会社で唯一この賞を受賞している航空会社である。ACWの航空貨物産業カスタマーケア賞授与は、ビジネス面と産業面での調 査に基づいて行われる。結果エアアジアは世界クラスのエミレーツやエティハド、バージン・アトランティックを上回ったのだ。 「3 年連続での受賞を大変喜んでいます。我々は格安貨物航空会社として、格安貨物航空会社は粗悪だという神話を打ち壊すことや、専門知識やハイクオリティの接 客によって他の有名航空会社を追い抜くことができたのです」と話すのはエアアジア及びエアアジアX貨物部門主任のサティス・マノハレンだ。 調査の結果に加えてACWは3部門での基準を評価した。それはすなわち迅速な顧客対応、顧客との問題を効果的に解決、顧客対応における企業方針の効果である。 エ アアジアは2011年に同じくミュンヘンにてこの賞を受賞、2012年には中国の上海で受賞している。エアアジアは3年連続で受賞している唯一の貨物航空 会社なのである。エアアジアはACWから2010年に「ニューカマー・オブ・ジ・イヤー」を受賞しているのでこれで4度目の受賞となる。 エアアジアは貨物事業を収益貢献が期待できる補助収入として見ている。また、航空機内の空いたスペースを利用して、ライバル航空会社よりも安い貨物輸送を可能にした。 エアアジアのネットワークとフライト頻度を利用して、この貨物輸送会社はより遠くにより早く配達できるよう取り組んでいる。加えて、エアアジアは燃料価格変動から純利益の一部として貨物輸送オペレーションを強化している。 Continue Reading

バリ島へ訪れる観光客、中国客が増える

バリは40万人の中国人観光客を目標にする バリ州政府は、2013年に神々の島バリ島へ、2012年の30万人から10パーセント増加の約40万人の中国人観光客の訪問を目指している。 「2013年、私たちはインドネシアへ旅行に来る中国人の40パーセント、または中国から約40万人がバリ島を訪れることを目標にしている」と水曜日、デンパサールでバリ州観光局代表のイダ・バグス・カーデ・スビクシュは述べた。 彼によると、在スラバヤ中華人民共和国総領事館からの情報と調和して、その40万人は、その竹の国からインドネシアへ訪れると予想される100万人の中から得られている。またその数は、年間7500万人に達する中国人海外旅行者の数に比べて、相対的にまだかなり少数であることを明らかにした。 「スラバヤ中国総領事館からの情報によると、観光目的で海外旅行をする観光客は、年間約7500万人であるが、インドネシアへはやっと100万人に達した」と彼は語った。 中国人観光客の関心を惹くために、クンミン州で数人の重役と観光振興のための会議が数回行われた。 スビクシュは、およそ10億人以上の人口所有国からの観光客が、神々の島を訪れる観光客の大部分を占めると語った。 しかし、その多くの観光客は、バリへ到着する前に必要とされる多くの乗換を望んでいない。クンミン州長は、「300万人の市民はバリへ観光旅行をすることができるが、直行便がない。このことが障害になっている」と語った。 彼は、今日の中国人観光客の増加傾向が見られるため、バリへの観光市場のターゲットの一つになっていると明らかにした。バリ州中央統計局の統計データは、2013年1月から4月に神々の島を訪れた中国人観光客の総数は、12万8134人で、2012年の同時期12万4293人から3,03パーセント向上した。 その総数は、中国がオーストラリアからの観光客に次ぐ、第二位に位置したことを表している。オーストラリアからの観光客は、2013年1月から4月は24万2935人に達し、2012年の同時期23万8003人と比較すると2,07パーセント向上した。 バリと中国文化の類似点の他に、パンダの国から来た観光客は、大自然の眺めや神々の島特有の料理に惹きつけられている。 中国人観光客も文化と自然を好む他に、バリの郷土料理、バビ・グリン(小豚の丸焼き)を好んでいるとスビクシュは述べた。 Continue Reading