燃料が値上げして、インドネシア・バリ観光は?

インドネシア、バリ島も燃料価格上昇 観光に影響懸念

イ ンドネシアホテルレストラン協会(以下PHRI)は、助成金枠のガソリン(以下BBM)値上げがインドネシア観光へ影響するとの見解を示した。PHRI 会長のヤンティ・スカムダニ氏はジャカルタで、BBMの助成金削減という政府の方針が観光業界へ影響を及ぼす可能性があると述べた。

BBM 値上げがホテル宿泊料金や交通運賃の値上がりを招き、結果インドネシアを訪れる海外旅行客(wisman)数が減少するという。ヤンティ氏は、以前の BBM値上げで学んだように乗合バスや航空会社が値上げをするのではなく、供給元が運送経費削減のために価格を吊り上げるのだと語る。

以前のBBM値上げでは、宿泊料金が10%から20%まで上昇した。しかし今回は今のところ上昇の気配はない、というのもそれらのホテルはPHRIにてBBM値上げについての会議に共に出席しているPHRI会員所有のホテルだからだ。

運送に始まり電気に至るまでホテルでは一般的に約70%ものBBMを消費している。そのためホテルは宿泊料金値上げをするのである。このホテル宿泊料金値上げはもちろん海外旅行客の負担になり、旅行客減少という結果になる。

BBM 値上げ決議前に、創造的な観光経済大臣のマリ・エルカ・パンゲストゥ氏は政府のBBM助成金削減という方針が必ず観光産業と創造的経済に影響を及ぼすと述 べていた。しかし観光産業また創造的経済がBBM値上げの影響に対して対策を持っており、すぐにでも対処できるとされたことからマリ氏の発言は一時的なも のとされた。

さらにマリ氏は、ホテル業界への影響が運送経費や燃料費代上昇を招くも一時的に過ぎないと述べた。なぜならホテルが実施している環境にやさしい「グリーンホテル」というプログラムにより節減という取り組みを行っているからだ。

2012年にインドネシアを訪れた観光客は840万人に達し、平均7.7日滞在し、一日平均147ドル22セントを消費、一回の訪問にすると1133ドル81セントにも達している。

世界でも人気の観光渡航先インドネシア

プラパンチャ・リサーチ(PR)の分析によると、2011年7月4日から2013年7月4日の2年間にソーシャルメディア・ツイッターでの観光渡航先に関する411万3072件が、インドネシアが観光渡航先で一番有名であるとつぶやいたものだったという。

PR研究チームは意図的にハワイとタヒチを調査対象として選択したという、なぜならそれら2つの島は映画や海外雑誌で頻繁に登場する有名所だったからである。

しかし蓋を開けてみると大衆が話題としてつぶやいていたのは予想とは大きく違っていた。ハリウッド映画では名前すら出てきたことのない、タヒチとは知名度が格段に違うロンボク島が出てきたのである。

研究チームはバリではなくロンボク島を調査対象にしたと述べる、というのはロンボク島に比べてバリは比較的有名だからである。そしてカリムトゥ山、東ヌサトゥンガラのフローレス島にあるのだが、これも世界の有名な山に負けぬ有名所となっていたのである。 カリムトゥ山はツイッターで7万3123件つぶやかれていた。9万9318件つぶやかれたオーストラリアのブルー山脈やアメリカのロッキー山脈と比較してみよう。

ロッキー山脈とブルー山脈のサイトは海外で様々な出版物に掲載されている、CNNやUSトゥディなどで取り上げられたことがあり、またユネスコ世界遺産センターにも入っているからだ。しかしカリムトゥ山についてのつぶやきは大衆を困惑させるのに十分であったと言えよう。

ト バ湖も世界の湖の中でも有名である。インドネシア人からすれば、もしかしたらインドネシアで一番の広さというトバ湖は国内のみで知名度を誇っていると思う かもしれない。しかしUSAトゥディやナショナル・ジオグラフィックなどで取り上げられたペルーのチチカカ湖と比較しても良い程の世界的知名度となってい る。チチカカ湖は2万8643件のつぶやき、トバ湖はなんと5万4390件のつぶやきがあり、パウエル湖は5万8245件となっていた。パウエル湖にわず かに届かぬものの、チチカカ湖と比較するとほぼ倍のつぶやきがされていたのである。

さ らに驚くことなかれ、ボロブドゥールに関するつぶやき件数が、タイで1782年以来王族が住んでいる王宮と、カンボジアの世界最大の宗教遺跡アンコール ワット遺跡のつぶやき件数と雲泥の差だったのである。この2つはそれぞれ6万3933件、10万4914件のつぶやきだったのに対してボロブドゥールに関 するつぶやきは113万7739件にもなったのである。