バリ自然を守る、ウブド若者コンサート

バリの若者はウブドの田園に環境コンサートのため集合

先週の金曜日、“バリは販売しない”コンサートの際に、ウブドのローデンハウスのアートスペースにより、地域の若者がジュンジュンガンの水田に集まった。この催しは、バリの緑地と田園が、急速に観光客の宿泊施設になっていく事への抗議のために、ランブル・クロスとワルヒ・エコ・ディフェンダー・プログラム、アナック・アラム、BOG-BOG漫画雑誌の若者主催の助け合いだった。

ステージが設置され、太いケーブルが泥の上を覆い、スーパーマンを含む地元のバンドが死んでゆくパフォーマンスが行われた。コンサートのアイディアは、前述のグループと、有名な芸術家のイ・ワヤン・スダルナ・プトゥラと協力して2010年に“販売しない”運動を創設したローデンハウスの所有者、グデ“サユル”スアンダの間の討議から始まった。

どちらも、バリの人々の将来と水田を心配し、視覚的な抗議として土地に看板を作成した。リサイクル木材を使って文字を作成するのに一ヶ月かかった。バリの他の場所でも、この看板をより多く作成することを望んでおり、土地の所有者は、転向して土地を保護するために責任を持つ。

バリ人は、グローバル製品へのアクセス権を与えられており、一定の物事を見るために対応するグローバルな視点を抜きにしても、より重要な将来の投資となる水田の保護に目を向けない。しかし、外国からの人々は、ヴィラではなく本当に水田が見たくてバリへ訪れている!非常に心配されている水田保全への関心について、政府の真剣さは不足している。土地の価格の上昇をほったらかしていることにより、農家にとって土地を販売するための経済的インセンティブは上昇する。

バンドの催しは、午後4時に始まったが、田んぼのカカシ作り競技を含む創作活動は、サンガル・デワタ・インドネシアとアナック・アラムにより前日から編成されていた。古代バリの伝統は、民衆から最高の敬意を、水田へ与えるものであり、カカシは、より多くの人々にそのことを思い出してもらうために用いられた。アナック・アラムは、パンデ・プトゥ・セティアワンが2009年に始めた民衆グループで、各村で無視されていた資力のない幼い子どもたちを助けるため設立された。この子たちのために、教科書、制服、奨学金を用意した。2013年7月から12月まで、アナック・アラムは、バリとヌサ・ペニダの100校を訪問する予定だ。

“バリは販売しない”は、ヴィラ建設のため水田の転換を制限する必要事項を作るため組織された。政府は希望を失わせている。多くの人は、小さな島はだた金儲けのための資源として見ており、バリの人々は、不必要は富のために土地を売って、唯物論的な文化に誘惑され続けている。しかし、我々は若者たちの間で新しい考え方を構築する努力をしている。環境のために闘うことがポピュラーでファッショナブルな活動だと示すため挑戦する。アイデンティティはパンクバンド以上だ。愚か者にならない。奴隷ではない。これは私達の家だ。地元バンドと民衆グループを一致させるため、協力するよう促した。熱意のこもった感情は“一緒に立とう、我々は分割され売られるだろう”と要約できる。

有料道路が完成に達し、ベノアの生態系をいっそう破壊する他のプロジェクトは販売の結果であり、環境キャンペーンによりスタートした若者の新しい活躍が適切な時期に来た。政府への抗議を示すバリの若者と子どもの催しがあることで、政府は本気でバリの将来を考えるように期待されている。観光事業にとって発展の土台なので、バリの保護は引き続き監視されるべきだ。バリの人々のもてなしを含めバリの自然の美しさは、とてもユニークでバリ島へ休暇で来る外国人観光客から愛させる大切なポイントだ。