バリ料理と伝統音楽ガムラン

バリ料理とガムラン伝統音楽 観光促進に期待

バリ料理は、地域文化維持の一環として観光分野でより広く紹介される必要がある。ある調査によると、バリを訪れたことのある観光客のおよそ80パーセントは、ローカル料理を味わうことはなかった。彼らは、ナシゴレン、サテアヤム、ガドガドのような有名なインドネシア料理にのみ親しみを抱いている。彼らの多くは、バリの伝統料理であるラワール(肉、野菜、新鮮な血、すりおろしたココナツ、ハーブや香辛料などの調味料を混ぜ合わせた料理)、アヤムブトゥトゥ(バリのスパイスと蒸し鶏)、サテリリット(みじん切りのシーフードまたはレモングラスを包んだ鶏料理)などの多くの風味豊かな料理について知らない。

国際的な観光地としてのバリ島の人気上昇と共に、バリの伝統料理はさらに普及するように広くプロモーションされなければならない。バリ観光協会は、外国人観光客が訪れる多くのホテルやレストランで伝統料理が提供されることを願っている。多くのバリ料理はブンブムグナップと呼ばれる調味料、ライムの葉、ココナツミルク、ニンニク、エシャロット、ガランガル、コリアンダー、ターメリック、そして当然唐辛子で味付けされている。バリ料理は辛く風味豊かなことで知られている。しかし、外国人の嗜好や味覚に合わせるために、多くのレストランでは香辛料とハーブを減らし、改良されたレシピで提供されている。

一方、辛い料理に抵抗のない外国人にとってレシピ改良は不要であり、こちらへ来る多くの外国人は、本来のローカル料理を味わうことを希望しているのである。地元の市民は、バリ観光専門家がバリ料理を広めることで地域文化を守り、より創作的になることを願っている。観光協会は、将来性のあるプログラムに改良できる伝統料理キャンペーンに取り組むことに努めている。

 

バリガムランのための新しい音楽

北から南へ世界で最も誇り高い四重奏ガムランを紹介したユニークなコラボレーション音楽。それは、バリガムランミュージック認知のための新しい国際音楽コンサートのことである。ガムランのための新しい音楽とは何ですか?パラフラセ・デ・ユダネは、これは書かれた音楽の枠内に置かれ、高度な構造と理想的考察を示唆する伝統音楽のコンサートもしくは真面目な音楽を意味すると述べた。頻繁にこれはポップミュージック、伝統音楽や民族音楽と対照的をなす用語として用いられる。

この働きは、ウェリントンのガムランタニワジャヤグループ、カナダのバンクーバーからガムランギタアスマラ、デンパサールからガムランウェルディスワラン、ウブドからガムランサルカット、ダンスやドラマティックな演出ミュージックを交えた8つの組成からなる。

ガムランタニワジャヤ、ジャックトゥブの指導のもとにニュージーランドのコミュニケーションガムラン、ニュージーランドスクールオブミュージック(NZSM)は4組成を行う。彼らは2003年からインドネシアで現代と伝統的なスタイルを交え前進してきた。

デンパサールのガムランウェルディスワランとウブドのガムランサルカットは、音楽の境界を乗り越え、特有の音を出すために東洋音楽と西洋音楽の伝統と文化さえ結合させたために国際的に知られている。