ジョグジャカルコーヒーイベント、観光情報

インドネシアコーヒーフェスティバル2013 inジョグジャカルタ

インドネシア政府は、観光省・クリエイティブ経済産業省を通してインドネシアコーヒーフェスティバルマネージメントと協力し、2013年9月14-15日、ジョグジャカルタで「インドネシアコーヒーフェスティバル2013」(ICF2013)を開催する。

これは自国でインドネシア産コーヒーが更に愛されるように願う取り組みの一つだ。さらに、インドネシアスペシャルコーヒーコミュニケーションを伴うこのイベントは、インドネシアのコーヒー農家の品位と尊厳向上が期待されている。インドネシアコーヒーフェスティバルはさらに、国内、国外において知名度向上のため、インドネシアで製造された優良コーヒー製品の普及が期待されている。このイベントはまた、ルワックコーヒー、フィルターでろ過していないコーヒー(トブルクコーヒー)のようなインドネシアオリジナルのコーヒーブランド化を目指す取り組みの一つだ。

インドネシアコーヒーフェスティバルはまた、国内外のコーヒー業界、コーヒー農家、商業、メーカー、輸出国内外の間で相互利益関係を結ぶ機会になるように努力している。ジョグジャカルタで2013年9月14-15日に開催されるICF2013の一連の活動で、アチェコーヒー、フローレスコーヒー、ジャワコーヒー、ランプンコーヒー、バリコーヒー、ルワックコーヒー、トラ ジャコーヒー、パプアコーヒーなどの優良製品をインドネシアの最上級コーヒーとして紹介する。それぞれのコーヒーは加工と抽出工程において特異なため、特に関心を持つ料理観光客に対して、吸引力になるよう期待されている。この努力はインドネシアでコーヒー生産地域が自動的に向上し、アグロツーリズム、エコツーリズムになる可能性を秘めている。

この同様のフェスティバルは昨年、ウブド、バリ島ギャニャールで開催された。毎年恒例のこのフェスティバルは今年、トブルクコーヒーフェスティバル、ザ・ローカル・ライフスタイルをテーマに掲げている。このテーマはインドネシアの地域啓発の向上が期待されている。今年のフェスティバルは、ローカルオリジナルシングルコーヒー、国際ビジネスフォーラム、バリスタワークショップ、焙煎ワークショップ、ラテアートデモンストレーション、ローストコーヒー、コーヒートークなどの機会をコーヒー業界へ提供し、世界のプリマドンナになるためにインドネシアのスペシャルコーヒーをプロモーションする。

 スマトラは高品質コーヒー豆生産者として存続する

ネスレインドネシア株式会社によってランプン州は、高品質ロブスタコーヒー豆生産者として存続し、とりわけ今年20歳を迎えるコーヒーの木の若返りに努めている。その品質向上のために現在行われているコーヒーの木若返りは、既に高齢のコーヒーの年齢向上を押し止めた。そのコーヒーの木の若返りで、農家によるコーヒー生産と品質向上が期待されている。ネスレ株式会社は、ランプンの農家の福祉向上に対して影響を受けるコーヒー農家の存続を気遣うよう広く国民を促した。インドネシアとりわけランプン州は、現在のように高品質のコーヒー豆を生産できなくなると言う事があってはならず、ランプンはこの高品質のコーヒー生産者として存続しなければならない。

インドネシア最大の高品質ロブスタコーヒー生産者としてのランプン州を維持するために、完全契約を保持し、この地域の農家を援助するために継続的に協力している。コーヒー豆の品質と生産性向上を目的として1800万株のコーヒーの苗木がランプンの農家へ配られた事により、国の食糧安全保障を強化することが出来る。インドネシアネスレ株式会社によるコーヒーの苗木援助は、品質とコーヒー豆生産が向上するだろうと、生産が落ち込んだランプンの農家から歓迎された。

現在農家が所有するコーヒーの樹齢は平均20歳で、若返りが必要とされている。ネスレインドネシア株式会社は、ランプン州の州都バンダールランプンからおよそ127km離れたタンガムスの農家支援のため、彼らの要望に答えることができた。栽培中のロブスタコーヒーの木は既に高齢だが、このコーヒーの苗木援助により生産されるコーヒーの品質はより向上するだろうと期待されている。